自律神経失調症になると様々な症状が現れます。
代表的な症状は以下の通りです。

・冷え性
・食欲不振
・息切れ
・心臓機能の異常
・目の異常
・のどのつまり
・生理痛
・不妊症
・感情の不安定
・集中力低下
・不眠症

自律神経失調症と冷え性は深く関係しており、自律神経失調症になると冷え性になりやすく、冷え性の人は自律神経失調症になりやすいです。
副交感神経の働きが低下するので食欲不振に陥ったり、すぐに息が切れるようになります。
何もしていないのに心臓がバクバクしたり、目の乾きや視界がまぶしく感じることもあるでしょう。
のどのつまりを感じたり、生理痛の悪化や不妊になる可能性もあります。
体だけではなく心にも影響を与え、感情が不安定になることも少なくありません。
集中力の低下や不眠症といった症状も起こります。

これらはまだ一部で、他にもめまいや耳鳴り、顎関節症、手足のしびれ、微熱などといった症状も自律神経失調症になると現れます。
自律神経の乱れから起きる症状は、一つだけではなく、複数の症状が併発するケースが多いのです。
このような症状で体の異変を感じたなら、まずは心療内科で診察して下さい。

ただ、心療内科へ行くのは抵抗があるとか、薬物療法はしたくないという方もいらっしゃいます。
そんな方には「自分でできる自律神経失調症の改善法」がオススメです!
この「自分でできる自律神経失調症の改善法」は改善率90%以上という非常に優れた改善法です!

▼▼▼▼詳細は下記をクリック▼▼▼▼
>>>石丸式 東洋医学による自律神経失調症改善法はコチラ!<<<